CP+ 2019

写真の祭典「CP+」がパシフィコ横浜で開催された。

今年の傾向としては、ソニーの独壇場だったフルサイズミラーレスに、ニコン、キヤノンに加えて、パナソニックが参入したことで、新たな競争の領域に入った。

会場のステージの様子を紹介する。

東芝メモリ

親会社との関係から会社としてはいろいろと変化のあった東芝メモリ。展示では、自社の記録メディアを中心に紹介。

ステージでは、フォトグラファーの土屋勝義氏がモデルに対して、実践的なワークショップを実施していた。

東芝メモリ

オリンパスイメージング

オリンパスではOM-D、PENなど軽快な筐体を生かしたセッション・ステージ等を実施。

オリンパスブース

プロフォト

高性能なストロボを活用したウェディングフォトのセミナーを実施。

高性能モノライトストロボ Profoto

ソニー

写真家の魚住誠一氏が、αを利用して、SILENT SIRENのメンバーを撮影

ソニーブース

タムロン

各種セミナーの合間に、プレゼントキャンペーンを実施

タムロンブース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。