fumika – “Endress Road” 永遠に続く道 fumika

『ヴィクシー』 – Vibrant&Sexyな夢ある妖精たち(Pixy)を掲載します。

【fumika】 名古屋栄ミナミ音楽祭’14

「泣ける歌声」の持ち主として話題が急上昇のシンガー「fumika (フミカ)」。福岡市出身で、2010年のレコチョクオーディションのグランプリを獲得後に、メジャーデビュー。小さい体からは想像もできないパワフルな声量を持ち、その表現力は多くの人の心に届く。

歌手を志す前から子役として、ミュージカルで活躍し、地元福岡ソフトバンクホークスを応援する傍ら、球場でバイトもしていた。現在もラジオやMCなどでも、ホークスに関して語る機会が多い。

メジャーデビュー曲「アオイトリ」がアニメ「BLEACH」のエンディングテーマに採用されたことを筆頭に、その楽曲は多くのタイアップを獲得し、彼女の楽曲が使われている作品を通じて、fumikaの音楽に触れる人も多い。

また、ショッピングモールなどでのイベントライブも精力的にこなしている。

最近披露するアニメ映画「アナと雪の女王」のテーマ「Let it Go」の英語の原曲のカバーを聴いて、立ち止まった人も多いはずだ。

最近のトピックとしては、某番組で、華原朋美と彼女の楽曲でカラオケ勝負し、勝ったことで、検索ワードのランキング上位に躍り出た。

同時に「泣ける歌声」というキーワードも定着してきている。

泣けるといえば、マイナビウェディングのCMソングになっている最新シングル「Endless Road」のPVは、ジャケットのイラストも手掛けているお笑い芸人鉄拳のパラパラ漫画「振り子」版と、乃木坂46の橋本奈々未が出演しているもの両方とも、切なく泣ける映像が彼女の歌声に華を添えている。

「永遠」と「咲く」をテーマにして、fuika自身が長年温めてきたアイデアを基にした曲で 、その思いがあるからこそ、実のあるコラボレーションになっていると言えよう。

「Endless Road」の橋本奈々未版のPVを紹介するので、ぜひ彼女の楽曲と、実際の結婚式のエピソードを基にした動画の世界を見てほしい。

【リンク】

fumika | Official Site